張義明さんの器を常設にて
25日まで展示販売いたしております。






MARONIEの5階でも展覧会しております。
是非ご高覧ください。




ギャラリーにしかわ 店長わだ



 
川勝さんの大きな大きな平たい片口。

根来風の仕上げ
布目がアクセントになっています。

径は46センチ、高さは6センチです。
一尺五分二寸というところでしょうか。

大きいですが、桐の木を削られているため
とても軽くてびっくります。

片口が附いてるとはいえ、注ぐ器というよりは
大きな皿と思っていただければ使う場面も広がります。





お鍋をする時の野菜などを盛る器として
ちらしずしを家族で頂くときに
パーティがある時にチーズやクラッカー、パンをのせても。

蓋付ですが、蓋はお盆のように使っていただいても良しですね。





ギャラリーにしかわ 店長わだ


 
川勝さんの展覧会が始まりました。
耳や口、手足など身体に関わる名前がついた器はたくさんあります。
今展は、附々展(つきつきてん)と称して
耳付鉢や口付き、蓋付きなどなどの漆器などを展示いたしてます。



にしかわは一気にお正月ムード!

私は漆の匂いが大好きで、毎日幸せな漆の香を嗅ぐことができて幸せです。
是非お越しくださいませ。





ギャラリーにしかわ 店長わだ







 
Noda Suzumi さんの展覧会が終了致しました。
お越し下さった皆様ありがとうございました。


さてさて、斎藤洋さんの展覧会が23日から始まります。
今日は搬入でした。
斎藤さんは震災以後東北へ赴き、野染めやパッチワークを通して
たくさんの人との交流を続けていらっしゃいます。
ご自分の染めの仕事との両立はさぞかし大変だとは思いますが
こうして展覧会をしていただけることは大変ありがたいことです。

モスリンやガラ紡、伊勢木綿などによる
ショールやハンチング、シャツ、はおりもの等




黙々と展示する斎藤さん。
ひとつひとつ何かを確認するように展示が進められていきます。








これ、房がないのですが。。。?
あら、大変とばかり
ストールの房を作り忘れていた分を手際良くせっせと繕う奥様。
さすがです。








斎藤さんの大事な相棒、ポコさんもお手伝いに。


新作の草木染めの作品も、とっても素敵な色に染まっていました。
どうぞいらしてくださいませ。


ギャラリーにしかわ 店長わだ







 
現在、展覧会中のNoda Suzumiさんの素敵なショールを
ご紹介いたします。
アルパカ50%、ウール50%の贅沢な生地に
くるくると描かれた線の模様がプリントされています。
肌触りもとてもよく、暖かで柔らかな正方形の大判ショールです。


大きいです。
ので、斜めに折って、三角にします。




巻き方はいろいろ。
腰に巻いたり、膝掛けにしても◎


価格は21000円。
他、同じ生地で、ワンピース、スカート(ポンチョにも)も
展示しております。

もちろんアミシャツも展示、ご試着いただけます!
是非、来て見て着てみてください。お待ちしております。



ギャラリーにしかわ 店長わだ








展覧会ではなく、常設でのお話・・・

河上奈未さんと清水志郎さんの器を
10月、11月、12月の三か月間、常設の棚にて
まとめてご紹介させていただきます。



河上さんのコーヒーカップ。
河上さんはひとつひとつ丁寧に手捻りで作られています。
その丁寧さはかすかな指跡にも見て取れます。

マグカップの他、小皿や飯碗、楕円皿や角皿もございます。





清水志郎さんの蓋物二種。
左はお米を土に混ぜて焼いた御米香合。  右は小さな蓋物。
どちらもお菓子のようにサクッとした肌合いで美味しそうです。が、食べられません。

この他、一輪挿し、ぐいのみ、マグカップ、飯碗、湯呑、パスタ皿がございます。



是非店頭へお越しいただき手に取ってご覧いただければ幸いです。



ギャラリーにしかわ 店長わだ





今度の展覧会は、いつものにしかわの雰囲気とはちょっと違う
若き陶芸家たちの展覧会。

私にとっては試練の展覧会。
ギャラリーにしかわでは初めての方をお二人も迎えての展覧会。

中村譲司さんは過去に展覧会でお世話になっていますが、
大石早矢香さんと、田上真也さんは今展で初めて出品いただきます。
(大石さんには過去に少しだけグループ展にてご参加いただいてました。)

すごく欲張ってしまいました。私が。
たくさん出品いただき、ありがたいです。
たくさんの人に見ていただけますように、願っております。
どうぞ、暑い時期とは存じますが、是非足をお運びいただき
ご高覧いただければ幸いです。











ギャラリーにしかわ 店長わだ



 現在開催中の展覧会で私が一番おすすめのものは
こちら


竹の籠バッグです。
やや大きめで幅40.5 マチ19 深さ23.5

この他にも違う編み方の竹の籠がたくさんあります。


手の部分もくるり回るので便利です。



夏の装いにとってもいいですね。
ちょっとお値段張りますが、大事に使えば長持ちします。

どうぞ気になる方は7月1日までの展覧会へ
お越し下さい。




ギャラリーにしかわ 店長わだ





 

現在展覧会中の福井さんは
フラッグアーティストとして活躍されています。

HPはこちら



今展での私のおすすめは
四角いパラソルです。

とり
さかな
しか
ぞう
へび







ギャラリーにしかわ 店長わだ




 
今日から前田さんの染付と赤絵の器が
並んでいます。

5月いっぱいの展示です。



カエル
おたまじゃくし
えびかに
お相撲さん
シーサー

どうぞご高覧ください。







ギャラリーにしかわ 店長わだ